Skip to content

チーク家具

チーク家具

チーク家具

ヨーロッパのトレンドど無垢集成チーク
数百年前から計画植林されてきたインドネシア原産のチークを使用しています。

チークとは‥

クマツヅラ科の植物。
アジア熱帯のうちインド、ビルマ、タイ、インドネシアなどの
大陸各地に分布する木材の一種。

木の高さは45m直径1.3mに達します。
成長速度は1年間に1センチと大変ゆっくりとした スピードで成長します。

木材の特徴は心材の色は生育状態により変化し、金褐色、褐色、赤褐色などで、黒あるいは ムラサキ色の縞があります。
木目に密度があり、対朽性が高く、シロアリ等の害虫に非常に抵抗性が高いのが特徴。
チーク油特有のにおいとロウ状の感触があります。

一般的な用途としては、装飾的な価値を利用して、高級家具、キャビネット、建築内装、 化粧単板などに用いられ
世界的な銘木のひとつです。 昔は船舶のボディー等に使用されました。

その耐久性や長年使用できるといいう希少価値から チークは乱獲により伐採禁止、輸入禁止になっているところが多いのが現状

インドネシアより計画植林されたチークをし環境を破壊せずに優しく耐久性があり、
ロングライフな製品無駄に木を消費しないので大変エコな素材です。

無垢チークの集積材を使い、インドネシア自社工場にて、1点1点ハンドメイドで仕上げています。
集成(集積)材にする事で無駄に木を使わないので、環境にやさしく 現在ヨーロッパ家具のトレンドとなっています。

 


共有する

カテゴリー

株式会社キムラ

大阪府東大阪市横小路町6-2-1
TEL 072-987-5577
FAX 072-987-2045